産婦人科とは

ハートの図産婦人科とは

産婦人科は主に女性の生殖器の病気を扱ってます。
生殖器の疾患だけではなく、最近では女性のトータルヘルスケアを目指す分野へ移行しようという動きも出てきています(「女性外来」の開設など)が、日本では産婦人科医師不足などの問題もあり、数は限られているようです。

産婦人科で関連する臓器は、子宮、卵巣、卵管、膣、外陰部ですが、更年期障害や月経前症候群などではメンタルな部分も関係してきます。

産婦人科は産科と婦人科とに分かれます。
産科は妊娠、出産、産後のことなどを扱い、婦人科は女性生殖器の腫瘍性疾患(子宮筋腫や子宮頸癌など)、性感染症、更年期障害、不妊、生理不順などの内分泌疾患などを扱います。

時々誤解されるのですが、産婦人科は手術も沢山してます
つまり、外科系の診療科になります。
手術は外科の先生だけがすると思ってる方、結構多いですね。
産科は帝王切開術、流産の手術、産後膣などの傷の手術を、また婦人科は子宮筋腫や卵巣腫瘍などの良性の病気の手術、卵巣・子宮癌の手術、不妊症に対する手術、避妊のための手術、子宮脱の手術などを行ってます。

大学病院や総合病院などの大きな病院では産科も婦人科(更年期や不妊症も含めて)もまんべんなく扱い、手術件数も多く、癌などの長時間の手術、抗癌剤の治療などが行われています。

一方、一般の開業医院(個人病院)の場合は妊娠、出産がメインの病院がもっとも多く、つぎに入院施設のない婦人科がメインの病院(お産は扱っていないが、妊婦健診は行っているところもあります)、最後に不妊を専門とする病院といった感じです。

専門分野が違うとは言え、産婦人科の症状があり受診すれば基本的にはどこでも診察をうけることができます。 必要があれば、診察や診断の後に、内容を記録した診療情報提供書をお渡しして、大きな病院などを紹介することもあります。


スポンサーリンク


産婦人科は、どんな症状の患者さんが受診するのでしょうか?
一般的には以下のような感じです。

「下腹痛」「生理以外の出血がある」「生理痛がひどい」
「生理不順」「生理が遅れている、妊娠してるのかも?」
「外陰部にかゆみがある」「おりものが多かったり、においがする」
「癌検診を受けたい」「子どもがなかなかできない」
「顔がほてったり、寝汗をよくかくようになった」「生理前にいらいらする」
(「異物」がとれなくなった、などもありますが・・・)

この中でも「下腹痛(お臍から下〜陰毛のあたりまでの痛み)」という症状は内科や外科を受診することも多いと思います。 腹痛の原因が、虫垂炎(もうちょう)や急性腸炎(下痢)の場合もありますが、「子宮外妊娠」「流産」「卵巣腫瘍が捻れた」といった産婦人科が扱う病気が含まれていることがよくありますので注意が必要です。
また、子宮から離れた胃のあたりの激痛がクラミジアという性病が原因であることもあります。

乳癌の検診や治療も産婦人科が行うとイメージがあるかもしれませんが、乳癌は「外科」や「胸部外科」が扱う分野になります。


スポンサーリンク