カンジダ症

カンジダ症

カンジダ症って?

カンジダを今回「性感染症」の項目に入れましたが、クラミジアや淋菌などよりは一般的に見かける膣内の感染症で必ずしもいわゆる「性病」の範疇には入らないかもしれませんが、性行為でも感染する可能性はあるためここで解説しています。

カンジダ属という真菌(かび)の一種の感染により発生します。
カンジダが感染して炎症が起きると膣と外陰部同時に発生することが多く外陰膣カンジダ症と呼ばれます。カンジダ属は(candida)にはいくつか種類がありますが最も多いのがCandida albicans、次にCandida glabrataです。前者よりも後者が治りにくい「難治性」と言われています。

膣内にカンジダがいるだけで症状を伴わなければカンジダ症とはいいません。 妊娠していない女性の15%、妊娠している女性の30%の膣内のおりもの検査で陽性となると言われているほどよく見かけます。免疫力が低下したとき(風邪を引いた、疲れやストレスを強く感じた、妊娠中など)に症状が出やすい傾向があります。

カンジダ症の症状は?

自覚症状は外陰部や膣の掻痒感(そうようかん:かゆみのこと)と帯下の増量です。そのほか外陰部や膣の灼熱感、性交時痛、排尿障害などもあります。
他覚症状(見ることでわかる症状)としては外陰部は軽いむくみ、赤み、かゆみに対するひっかき傷、白色帯下(おりもの)、膣内ではヨーグルトの様な白い帯下の増量が見られます。

カンジダ症の診断は?

カンジダが検出されて、なおかつ膣や外陰部に上記自覚症状や他覚症状があればカンジダ症と診断されます。膣内から取り出した少量の帯下を少量の生理食塩水を垂らしたスライドグラスの上にのせ、顕微鏡で観察し直にカンジダがいるかいないかを検査します(鏡検法)。これで白血球の量やトリコモナスがいないかどうかもチェックします。またスライドグラスに10%KOHを一滴垂らして観察すると菌糸成分がよく観察できます。培養法により検出されることもあります。

カンジダ症の治療は?

一般的な注意点としては外陰部や膣の安静と清潔を保つこと、刺激の強い石けんを使用しないこと、通気性がよい下着をつけることなどがあります。
治療の基本は毎日通院し膣の洗浄と膣錠(膣内にいれる錠剤)の挿入と軟膏やクリームの外用薬の併用を行います。膣内から外陰部は一続きなので必ず膣と外陰部は同時に治療を行うべきですね。まず一週間投与して治療効果を判定します。効果が十分でないときは追加投与します。

膣錠はオキナゾールV100、エンペシド膣錠、フロリードなどがあります。
外用薬はエンペシドクリーム、オキナゾールクリームなどがあります。通院が困難な場合は週一回投与のオキナゾールV600などもあります。

妊娠中の外陰膣カンジダ症はどうするの?

前述したとおり妊娠中には高率に膣内にカンジダが検出されます。
症状がなければ基本的には薬剤の投与は行わずに様子をみます。
ただ、妊娠末期に大量に検出された場合は治療を行うこともあります。