出生前診断

出生前診断

出生前診断とは妊娠中に胎児に何らかの異常がないかどうかを診断、推測するものです。
一口に出生前診断と言っても、赤ちゃんの形の異常を発見する超音波検査、胎盤や羊水などの赤ちゃんの細胞成分を採取して検査をする絨毛検査や羊水検査、母体血液中に存在する赤ちゃんの染色体を検査する母体血診断、不妊治療の際に行われる体外受精後の受精卵を検査する着床前診断と沢山の種類があります。

ここでは出生前診断について解説します。





スポンサーリンク