常位胎盤早期剝離

常位胎盤早期剥離

常位胎盤早期剥離(早剥)は胎児がまだ子宮内にいるうちに、胎盤が子宮から剥がれてしまう状態です。 母児ともに危険な状態になる可能性が非常に高い、とても重要な病態です。

常位胎盤早期剥離はどんな病気なの?

常位胎盤早期剥離は妊娠中に何らかの原因で胎盤が子宮の壁からはがれてしまう(剥離)疾患です。
原因の一つに胎盤の形成不全が指摘されています。胎盤の形成不全は妊娠高血圧症候群、胎児発育遅延などとも密接な関係があり、早剥リスクファクターと重複するのもうなずけますね。

早剥は産科疾患の中では超緊急状態となる代表的なものです。
胎児は胎盤を介して母体から酸素や栄養分をもらっているので、それが妊娠中に剥離してしまうと大変なことになることは容易に想像ができると思います。
また胎児のみならず母体にまで悪影響を起こすのが早剥の怖いところです。 ただ、そう頻繁に起こる病態ではなく0.3〜0.9%くらいの頻度といわれています。

胎盤がはがれることで胎児への血流が急激に減少する以外に、はがれた部分から悪影響のある物質が子宮内や母体の血液内に入り込みDIC(血液が固まりにくくなる状態)の引き金となります。 DICにより出血多量によるショックや肝臓や腎臓などの重要臓器の障害を起こします。 ひどくなると胎児だけではなく、回復不能となった子宮の摘出が必要となったり、母体死亡も起こりえます。

常位胎盤早期剥離はどんなとき発生しやすいの?

発生を完全に予想することは不可能です。 急に剥離が始まり、急速に進行します。 腹痛などの症状が出てきたときにはすでに重症化していることもあります。

予想の助けとなるハイリスク因子を考えておくことは重要です。
これらの因子があると必ず早剥になるわけではありませんが、注意が必要となります。

1.妊娠高血圧症候群(PIH)
  慢性的な高血圧
2.胎児奇形や子宮内胎児発育遅延(IUGR)
3.早剥の既往
4.前期破水、感染
5.喫煙
6.外的刺激(交通事故など)

1.のPIHはもっとも重要なリスク因子ですね。 早剥の1/3〜2/3はPIHが関連していると言います。 とくにPIHがあって早剥となると重症化する傾向があります。

2.胎児奇形は胎盤の構造異常も伴っていることが多く、リスク因子に入ります。 重症のIUGRではPIHがベースにあることも多く関連があります。

3.早剥の再発率は10%くらいありやはりリスク因子になります。

4.まれな方ですが、破水による急激な内圧の減少が早剥を引き起こすこともあります。 また卵膜や胎盤の感染もリスク因子と考えられています。

5.喫煙は胎盤血管の攣縮を起こし早剥のリスク因子となります。 喫煙しない方と比較すると頻度が2倍になります。

6.転倒や事故などの外的な衝撃もリスク因子となりますが頻度は少なく、早剥全体の1-2%ほどと言われています。外傷後すぐに発症する場合とある程度時間が経ってから発症する場合があります。そのため外傷後、早剥の早期発見のためには最低でも4時間ほどは胎児心拍モニタリングや症状の観察を行うことが勧められます。

スポンサーリンク

常位胎盤早期剥離の重症や軽症があるの?

胎盤の剥離面積がどのくらいかで症状などが変わります。
剥離面積が30%以下だと軽症、30〜50%だと中等症(これが一番多いです)、50%以上だと重症となります。

常位胎盤早期剥離の症状は?

少量の持続的な出血(固まりにくい)、持続的な子宮収縮(一般の陣痛とはちがう)などがあります。 早剥の症状は重症度により様々で、症状の進行速度も差があります。 ゆっくり剥離が進むものでは、適切な対応を取ることも可能ですが、これは症状が軽くて幸運な例です。

急速に進行するものではそうはいきません。 早剥は必ずしも外出血(不正性器出血)があるとは限りません。 突然の持続的な強い腹痛から発症することもあります。 早いものだと発症から数時間で母児ともに死亡することもあります・・・。

逆にあまりにも軽症(剥離面積が狭い)だと、自覚症状がなく、胎児モニター上も異常がなく、診断が困難なこともよくあります。 この場合、出産後に胎盤の表面に剥離の痕跡が後から発見されることもあります。

スポンサーリンク

常位胎盤早期剥離の診断は?

はっきりとした症状がないことも多く、疑わしいときは入院管理をおこない厳重に管理することが大切となります。 少量の出血という症状は妊娠中は比較的見かける症状なので、「早剥はないか」という観点が大切です。 胎児モニターの所見や超音波検査で胎盤の肥厚などから総合的に判断します。 超音波検査では胎盤の後ろに明らかな出血のあとが見えれば診断は早いですね。 ただ、はっきりとわかるときは超緊急状態になっていると思いますが・・・。

常位胎盤早期剥離の治療は?

非常に軽症のもの以外は緊急に胎児を娩出することが必要となります。 そのため、超緊急帝王切開術となることが多いです。 DICも考慮に入れそれに対する治療も同時進行で行われます。 早剥後の子宮は止血困難となっていることが多いので、救命目的で子宮摘出術も止む得ないこともあります。

早剥は頻度は高くありませんが、発症すると怖い病気です。
妊娠後期の子宮の痛みで一番多いの当然ですが、陣痛です。
陣痛は収縮するとき(痛いとき)とゆるむとき(痛みが落ち着くとき)の強弱があります。
早剥の時の痛みは強く持続的ことが多いので、「陣痛にしては長く続き、おかしいな」と思ったときは早めの受診が大切になります。





スポンサーリンク