陣痛促進剤|1/2

陣痛促進剤 1/2

「陣痛促進剤」は人工的に子宮の収縮を引き起こしたり、もともとある陣痛を促進、増強させたりする薬剤です。 生体内で分泌される子宮収縮物質をまねて作られています。
「陣痛促進剤」は「子宮収縮剤」とも表現されますが完全に同じ意味ではありません。
「子宮収縮剤」は分娩前だけではなく分娩後、流産、死産時などにも使用される薬剤も含めます。

子宮収縮剤の種類は?

陣痛促進剤として

1.オキシトシン製剤
商品名「アトニンーO」、「オキシトシン注射液」など。
これらはすべて注射剤で点滴で使用します。

2.プロスタグランディン製剤
プロスタグランディンF2α製剤とプロスタグランディンE2製剤があり前者は注射薬で後者は錠剤の内服薬です。 プロスタグランディンF2αは商品名「プロスタルモン・F注射液」、「プロスタグランジンF2α注射液」。 プロスタグランディンE2は商品名「プロスタグランジンE2錠」、「プロスタルモン・E錠」

子宮収縮剤として

1.麦角製剤
商品名として「パルタンM錠」、「メテルギン錠」、「メテナリン錠」などがあります。
分娩直後の子宮収縮不良による子宮弛緩出血の時や産後の子宮収縮促進、流産後の子宮収縮促進の際に使用されます。

2.プロスタグランディン製剤
プロスタグランディンE1製剤があります。
これは強力な子宮収縮剤で妊娠中期の流産、死産、治療的流産の時に使用されるものです。
決して微弱陣痛の際などには使用されない非常に専門的な薬剤です。
商品名は「プレグランディン膣坐剤」です。

子宮収縮剤はいつ使用するの?

微弱陣痛による遷延分娩や過期産が予想される時の分娩誘発に使用されます。
前者は陣痛があっても弱い場合で、後者は陣痛がほとんどない状態からのスタートになります。

陣痛促進剤は適切な使用量と投与方法、適切な監視を行うことで無用な帝王切開術を減少させることも可能です。 しかしながら陣痛促進剤による事故も少なからず起こっています。
そのため、必要なときに必要な量だけ使用することが大原則となります。

スポンサーリンク

子宮収縮剤の具体的な使い方は?

内服薬、点滴薬により投与方法が違うので分けてお話しします。

内服の子宮収縮剤の使い方

プロスタグランディンE2製剤「プロスタルモン・E錠」など 小さな錠剤で1時間に1錠ずつ内服し、1日に最大6錠まで内服が可能です。 一般的には点滴剤よりも作用は弱く、子宮頚管の熟化作用があります(軟らかくする作用)。 予定日を大幅に超えて過期産が予想されるときなど、分娩誘発のスタートとして使用されることが多いです。

この薬剤だけで子宮収縮が強くなりすぎること(過強陣痛)はほとんどありませんが、飲み始めや陣痛が強くなってきたときには注意が必要です。 内服薬なのでやや調節性が悪いので、分娩が進行してくれば調節性のよい点滴剤に変更します。

点滴の子宮収縮剤の使い方

オキシトシン製剤「アトニンーO」や プロスタグランディンF2α製剤「プロスタルモン・F注射液」などがあります。 それぞれ小さなアンプル剤です。 点滴に溶かして薄めて投与します。最初は少ない量から経過を見ながら少しずつその量を増加してゆきます。 そのため、決められた量が確実に投与されるように、輸液ポンプを使用して点滴します。

少ない量から投与するので投与開始直後は、その効果がほとんど見られません。 これらの点滴剤の効き目は子宮頚管の熟化の程度、分娩の進行具合により非常に差があります。 最初から多くの量を投与すると効き過ぎ(過強陣痛)となるおそれがあるために少ないから投与するわけですね。

分娩がかなり進行してから微弱陣痛となった場合にはより少ない量で薬剤に反応してくることが多いです。 逆に最大投与量に達してもほとんど陣痛らしい陣痛が発来しないこともあり、効き方に個人差が大きいと感じますね。 投与開始量、増加してゆく時間、最大投与量がきちんと決められていて、点滴剤使用中は胎児心拍や陣痛の強さ、持続時間などを常にモニターする必要があります。 薬剤の投与量を少しずつ増加してゆき、分娩進行に有効な陣痛を発生させることができたらその時点で増加するのをやめ量をキープし、分娩の進行を観察してゆきます。 万が一、途中で過強陣痛となれば点滴投与を中止します。





スポンサーリンク