産後

産後

分娩後の排卵、月経について

「授乳しているから妊娠しないと思ってました。」というお話を時々お聞きします。 産後すぐに妊娠を望んでいないのであれば、授乳中でも避妊をする必要があります。

分娩後3週までは授乳をしていなくても下垂体や卵巣のホルモンの分泌が抑制されて排卵や月経は起こらないとされています。 分娩後4週〜9週にLHやFSHの反応性が回復してきますが、授乳をしていると母乳の分泌を促すプロラクチンというホルモンが作用してエストロゲンやプロゲステロンを抑制して排卵や月経が起こりにくい環境にあります。 これは産後直後の次の妊娠を抑制する働きなんですね。

分娩後10週頃になるとプロラクチンの分泌は減少し、非妊時のレベルにまで低下します。 ただし、授乳をすることで瞬間的にプロラクチンが非常に高値になるような状態にあるので、赤ちゃんはつづけて母乳を飲むことができます。

また、このころになると基本的なプロラクチンの血中濃度は低下しているので、下垂体ー卵巣系の抑制が解除され場合によっては月経が開始し、排卵も再開する方が増えてきます。 授乳をやめると通常よりも早く月経や排卵が再開します。 産後最初の排卵で妊娠するといつ妊娠したかわからずに、つわりの症状で妊娠が発覚することもあります。 産婦人科を受診されて、しっかり発育した胎児をみてびっくりされることも時々あります。

分娩後10週頃には20%くらいの方が月経を経験し、8ヶ月になると80%くらいに月経がみられるようになります。 月経が再開しても、無排卵性の月経のことも多いですが、ちゃんと排卵していることもあるので授乳中でも妊娠する可能性は十分にあります。




スポンサーリンク