トキソプラズマは生肉や土壌に生息する原虫と呼ばれる単細胞生物です。ネコだけから感染するのではありません。妊娠する前からこの原虫に感染している場合は免疫力のためにほとんど問題とはなりませんが、妊娠中にの初感染では胎児も感染する可能性があります。胎児に脳内石灰化、水頭症、脈絡網膜炎などを起こします。トキソプラズマの検査はPHA法でスクリーニング、IEA法で精密検査が行われます。妊娠中に初感染した場合はアセチルスピラマインという抗生物質を使用します。未感染妊婦は感染予防に努めましょう。妊婦さんは野菜類をしっかりと洗い、生ハムやレアステーキ、ユッケなどのしっかりと火が通っていない肉類は食べないようにしましょう。ネコを飼っている場合は糞の処理は手早く、他の方にお願いしましょう。自分で糞の処理をする場合は手袋をお忘れなく。

※もっと詳しく知りたい方は妊娠とトキソプラズマへ。




スポンサーリンク