妊娠検査薬

妊娠検査薬

※お急ぎの方はこのページの内容を1ページに凝縮した妊娠検査薬のまとめをご覧ください。

妊娠検査薬
検査薬といってもいわゆる”お薬”ではなく検査キットです。
妊娠かな?と思ったときに薬局などで販売され誰でも簡単に妊娠の確認ができるキットです。 薬局だけではなく、「妊娠検査薬」と検索して簡単にネット上で購入することもできます。
2個セットなどの場合も多く、一回の検査としては500円〜1000円くらいの費用です。


沢山のメーカーから発売されていて形や判定サインの見せ方は少しずつ違いはありますが、尿を使って検査をするという原理はすべて一緒です。
尿を検査キットにかけるか、スポイドなどで垂らして待つこと数分で結果がでます。

陽性と出る原理は?

妊娠すると着床した部分からhCGというホルモンが分泌されます。
このホルモンは妊娠した女性の尿中にも出現し、正常妊娠だと排卵後10日目頃から急に量が増えて12日目頃に25IU/L、14日目頃には50IU/Lくらいの量になります。
妊娠検査薬はこのhCGを検出しています。
市販の検査キットはその感度が50IU/Lですが、病院などでは25IU/Lとより高感度のものが使用されています。

尿検査で妊娠が分かるの図

スポンサーリンク


いつ陽性になるの?

月経周期がだいたい28日の女性の場合は正常なタイミングで排卵し、正常な妊娠であれば次の生理の予定日頃には検査で「陽性」とでる可能性があります。(排卵から14日目ころ)
ただし、尿の濃さなどでも変動があるので、確実性を求めるならば予定生理の日から1週間生理がない場合に検査をすると良いでしょう。

注意すべき点もあります

「陽性」の場合は正常に妊娠していることがほとんどです。
しかし、「子宮外妊娠」「流産」「胞状奇胎」といった異常妊娠でも妊娠反応は陽性とでることがあります。 また、「陰性」とでても一回の検査では「妊娠は完全に否定できる」のではないことは覚えておいてください。

妊娠反応検査の図

異常妊娠も含まれていますので「陽性」が出た場合は出来るだけ早く産婦人科を受診して診察を受けることが大切ですね。

「妊娠検査薬」に少し似たもので「排卵検査薬」もあるのでお間違えないように。






スポンサーリンク