胎児の発生

人間の発生は受精から始まります。
受精は男性配偶子である精子と女性配偶子である卵子が出会い、接合子(zygote)という一つの細胞が出来ることです。できた細胞を受精卵とも言います。
たった一つの受精卵が次々に分裂し最終的には60兆もの細胞で構成される人間となります。 1人の人間としてのあらゆる細胞はその寿命をもってこの世から消滅してしまいますが、1人の人間が形成した精子や卵子は他者と受精しまた新しい命へと受け継がれていきます。 よくよく考えると不思議なことですね。

ここでは胎児の発生をその源である精子と卵子の発生から解説してゆきます。

胎児の発生





スポンサーリンク