消化器疾患と妊娠

消化器疾患と妊娠

消化器とは食べ物を消化吸収する器官のことです。
急性虫垂炎(いわゆる”もうちょう”)やクローン病、潰瘍性大腸炎などが妊娠中に発症した場合について解説します。

急性虫垂炎

いわゆる「もうちょう」のことですね。
盲腸とは小腸から大腸へ移行してすぐの大腸の一部で人の小指ほどの大きさです。 その先端は盲端となっており、リンパ節が多く存在しリンパ系器官ともとらえられています。 腸管の主な作用である消化吸収には直接関与していません。
この部分に細菌感染による炎症がおこることを「虫垂炎」といいます。

症状

右下腹部痛(McBurney's point)が特徴的ですが、右下腹部痛の前に胃のあたりの痛み(上腹部痛)が先行することも多いですね。 上腹部から痛みが移動して典型的な右下腹部の痛みとなるわけです。

腸管の症状である嘔吐や悪心、下痢、便秘などもときに出現します。 虫垂炎の怖いところは炎症がひどくなりおなかの中で破裂すると大量に発生した細菌がおなかの中にばらまかれてしまうことです。 この状態を腹膜炎といい、治療が遅れると死に至る可能性もある危険な状態です。

妊娠中の管理

妊娠中は増大する子宮のために虫垂が右上方へ移動してしまいます。 虫垂炎によるいわゆる典型的な右下腹部通が上の方へ移動することになり発見が遅れる可能性があります。 また妊娠中は炎症の指標となる白血球が元々増加しているので、これも虫垂炎の発見が遅れる原因ともなります。

妊娠中に下腹部痛を起こす原因として、水腎症、切迫早産、常位胎盤早期剥離、子宮筋腫の変性などもあり、鑑別も必要ですね。

診断は超音波やMRIなどが役に立ちますが、典型的でない虫垂炎は診断が難しく、重要なのは虫垂炎ではないかと疑うことです。

治療の基本は外科的な切除です。
虫垂炎がひどくなり腹膜炎へと伸展すると流産や早産が増加すると言われており、迅速な診断と治療が重要です。
スポンサーリンク


胃、十二指腸潰瘍

妊娠中に胃、十二指腸潰瘍の発症はそう多くはありません。
ヘリコバクターピロリの感染や鎮痛剤などが原因となります。 治療は胃酸の分泌を抑える薬剤やH2ブロッカーという薬剤などが妊娠中でも使用可能です。

クローン病と潰瘍性大腸

いずれも消化管で慢性的に炎症が起きる病気です。
そのためこれらは炎症性腸疾患とよばれます。
これらの病気の症状はよく似ており、昔は同じ病気であると思われていました。

しかし最近で全く違う病気であると認識され、治療法も違いがあります。 両者とも若年者に発生しますが、クローン病の方がより若年層に多いですね。 潰瘍性大腸炎は高齢の方でもあり得ます。

症状はどちらも下痢がメインですが潰瘍性大腸炎は出血の混じる血性下痢、下血、粘血便が多いです。 潰瘍性大腸炎はそのほとんどが大腸のみに炎症が見られますが、クローン病は消化管全体に広がる傾向があります。 口腔内の病変からクローン病が発見されることもあります。 ただし、クローン病も病変の主体は大腸です。

腸粘膜が炎症でダメージを受けますがより深くまで病気が広がるのがクローン病です。 クローン病は潰瘍がひどくなると腸に穴をあけたり(瘻孔)、腸が狭くなる通過障害などを引き起こします。

潰瘍性大腸炎も腸の粘膜がダメージを受けますが、発生するびらんや潰瘍は直腸から連続的に広く浅く広がる傾向があります。 そのため瘻孔や狭窄などの通過障害はきたしません。
スポンサーリンク


治療は5-アミノサリチル酸(ASA)製剤がよく使用されます。 サラゾピリンやペンタサ、アサコールなどの内服薬があります。 その他副腎皮質ステロイド、免疫調節剤(ロイケリン、イムラン、サンディミュン、プログラウフ)なども使用されます。

腸に穴があいたり、炎症がひどくて出血が多量となる場合は外科的な腸切除も検討されます。

クローン病の患者さんが妊娠するとその半分(約50%)は症状不変ですが、25%が症状が悪くなり、25%が症状が軽くなるとされています。

クローン病の症状がひどい時(活動期)に妊娠するとさらに悪化する可能性があるので1年ほど症状が落ち着いている(寛解期)状態のときに妊娠することが良いでしょうね。
これは潰瘍性大腸炎も同じですね。




スポンサーリンク