妊娠週数あれこれ

妊娠週数あれこれ

「なんだこの題名は」と思われた方はぜひ読んでみてください。
参考になりますよ。

妊娠週数にまつわることを箇条書きで紹介します。
(月経周期28日型が基準です)

 妊娠1ヶ月(妊娠0週から3週末まで)
 妊娠2ヶ月(妊娠4週から7週末まで)
 妊娠3ヶ月(妊娠8週〜)
 妊娠4ヶ月(妊娠12週〜)
 妊娠5ヶ月(妊娠16週〜)
 妊娠6ヶ月(妊娠20週〜)
 妊娠7ヶ月(妊娠24週〜)
 妊娠8ヶ月(妊娠28週〜)
 妊娠9ヶ月(妊娠32週〜)
 妊娠10ヶ月(妊娠36週〜)
 妊娠11ヶ月(妊娠40週〜)分娩予定日は実は11ヶ月なんですね

・妊娠40週0日が分娩予定日
・妊娠37週0日から41週6日までが正期産(正常な時期の出産)


・妊娠42週0日以降が過期産(正常より遅い出産)
・妊娠22週0日から36週6日が早産(正常より早すぎる出産)
・妊娠21週6日までの出産を流産(いわゆる中絶が認められているのはここまで)
・妊娠2週0日が排卵日、妊娠3週0日ころ受精卵の子宮内着床
・妊娠4週0日(本来なら月経予定日)病院などの妊娠検査薬で陽性が出ることも。
・妊娠4週終わり頃 かろうじて経膣エコーで胎嚢が見える。
・妊娠5週はじめ 市販の妊娠検査薬で陽性となることも。胎児心拍が確認できることも。

・妊娠4〜7週ころがもっとも薬剤に対する影響が胎児に出やすい時期(絶対過敏期)
・妊娠6〜8週は特に流産が多い時期。流産のほとんどが12週までの「早期流産」。
・妊娠16週以降 いわゆる「安定期」。

・妊娠12週以降の流産は「死産証明」が発行され、役所へ届け出る必要あり。
 この時期は流産でも出産一時金もでる。
・妊娠20週ころ 初産婦の方が胎動を感じはじめるころ
(経産婦の方はもう少し早い)
・妊娠34週から産休がとれます(予定日前6週間)


妊娠22週が流産と早産の境になっています。
これは、妊娠22週が現代の新生児医学で出生児が救命できる、ぎりぎりの週数のようですね。少し前は24週からが早産でした。
これから医学の進歩でこの週数がもっと早くなっていくのでしょうね。





スポンサーリンク