卵巣がんは「静かな殺し屋」

卵巣がんは「静かな殺し屋」

卵巣にはいろいろな「できもの」が発生します

予備知識としてまず、卵巣に発生する腫瘤(できもの)について簡単に説明します。
卵巣には非常に沢山の種類の腫瘍(新生物)が形成されますが、の発生由来からまず以下の3つに分けられます。

1.表層上皮性・間質性腫瘍
2.性索間質性腫瘍
3.胚細胞腫瘍

上記3つの腫瘍はそれぞれがさらに細分類されます。

また、それぞれについて「良性」、「境界悪性」、「悪性」が存在するので卵巣腫瘍の種類はとても多く、30種類を超えます。 卵巣腫瘍の種類が多いと言っても、非常にポピュラーな腫瘍から、大学病院でないと滅多にお目にかかれないような珍しい腫瘍まであり、その発生頻度は様々です。

1の上皮性腫瘍がもっとも頻度が高く、全卵巣腫瘍の60%位を占めます。 卵巣癌に限定すると70〜80%はこの上皮性悪性腫瘍となります。 2の性索間質性腫瘍はぐっと頻度がへり5〜10%位で、奇形種が含まれる3の胚細胞性腫瘍は少し頻度が高くて15〜20%くらいです。
卵巣は胃癌などが高率に転移してくる場所なので転移性の卵巣癌なども卵巣腫瘍に含まれます。 その頻度は全卵巣腫瘍の5%を占めるとも言われています。 その他、本当の意味では腫瘍に含まれない(チョコレート嚢胞や黄体嚢胞、卵巣出血)などの「類腫瘍」も発生します。

卵巣は腹腔内に存在するため、卵巣腫瘍の適切なスクリーニング検査が存在しないのが現状です。 また性器出血や痛みなどの症状を呈さないものがほとんどなので、自覚症状が出にくく、産婦人科受診も遅れ、診断や治療が遅れる傾向にあります。

卵巣癌が進行すると高率に腹水を伴うので腹部膨満、腹水の貯留から内科を受診し、内科から婦人科を診断されて始めて診断されることも日常診療ではよく遭遇します。 女性の腹水の原因として卵巣の腫瘍(とくに卵巣癌)は重要です。



スポンサーリンク

卵巣癌は「静かな殺し屋」である

卵巣腫瘍の中でも「悪性」のものが「卵巣癌」ですが、卵巣癌は「silent killer」(静かな殺し屋)と呼ばれています。

子宮頚癌や子宮体癌の場合は、性交時出血や月経以外の不正性器出血という症状が気になった患者さんは、医療機関を受診することで比較的早期に癌が発見されることも良くあります。

# 卵巣癌の特等
1 不正性器出血などの外出血が出現しにくい
2 腫瘍が大きくなっても痛みなどの症状が出にくい
3 腹腔内へ簡単に転移してしまう

この特徴は卵巣の存在する場所も関係しています。
卵巣は子宮の傍ら、骨盤内にぶら下がった状態で存在しています。卵巣は腹腔内(胃や腸、肝臓などの臓器が収まっている空間)に突出していますので、卵巣に腫瘍が形成されるとその発育を邪魔する組織があまり無いために急速に大きくなり、周囲の臓器や肝臓や胃の表面などの遠隔臓器に簡単に転移してしまいます。

腹腔内転移などで腹水が貯留し腹満感などで医療機関へ受診するまでは、目立った症状が出にくいために受診が遅れ、なかなか発見されない、という結果になります。

産婦人科を始めて受診して、卵巣癌と診断される方の60%はすでに進行癌であると言われています。 5年後に生存している割合を表現する方法を5年生存率(5生率)といいますが、 卵巣癌の5生率は初期(I期)では90%を超えますが、進行したIII期やIV期は約30%と言われ婦人科の癌の中ではもっとも予後不良です。

自覚症状が出現する前に静かに進行し、体をむしばんでしまう性質が「silent killer」(静かな殺し屋)の所以です。





スポンサーリンク