不妊症検査とは

普通の夫婦生活を営んでいてもなかなか妊娠に恵まれない方が病院を受診されて、まず行われるルーチンの検査というものがあります。これを「一般不妊症検査」(一次検査)と呼んでいます。

一次検査には以下のようなものが含まれます。(施設により多少違うこともあります)

1.基礎体温の測定
2.精液検査
3.頚管粘液検査
4.フーナーテスト
5.子宮卵管造影
6.超音波検査
7.各種ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)、感染症(クラミジアなど)の検査

これらで異常が見つかったり、逆に異常が無く一般不妊症治療を行っても妊娠成立しない場合に「二次検査」を行うことになります。
二次検査として以下のものがあります。

1.腹腔鏡検査
2.ホルモン負荷テスト
3.CTやMRI
4.子宮鏡検査

(これらは一般的にもよく行われるものだけで、必要があれば、精巣生検や染色体検査・・・などもあります)

スポンサーリンク

一般不妊症検査(特に1〜6まで)はすべてやっておく必要があると、私は思います。
検査が多いなあと思われる方もいらっしゃいます。
しかし非常に複雑な仕組みがうまく働いて妊娠が成立しているんです。
そのどこに異常があるのかを調べるためには自然と検査も多くなってしまいます。

これだけではすべてを網羅することができませんが、最低限のことはわかります。
また、それぞれの検査で異常がないということの確認も、不妊治療では大切な情報なんです。

上記の検査をすべて行うために1ヶ月くらいの期間が必要です。
女性は月経周期があり、ホルモンの状態なども時期によって全く違います。
排卵の時期には排卵に関連した検査、排卵後は黄体機能に関連した検査といった感じで、検査時期が大切になります。

男性側に不妊症の原因があることは多いものです。
最近の環境的な因子などでも、精子濃度が減少しているとも言われています。
男性側の精液検査は数日の禁欲期間があればいつでも簡単にできるのでなるべく早いうちに検査をしておくべきですね。

ほとんどの検査が強い痛みを伴うものではありませんが、子宮卵管造影はどうしても痛みを伴う検査になってしまいます。リラックスして検査をうけることと、ゆっくりと造影剤を注入することで痛みを軽減することはできると思います。とても大切な検査のひとつなので頑張って受けてくださいね。





スポンサーリンク