不妊症総論 1/2

ここでは、不妊症に関して解説します。
不妊症を理解するためには女性生殖器の構造、ホルモンによる調節の仕組み、妊娠に至る条件などなど沢山のことを学ぶ必要があります。産婦人科領域でも特に奥の深い分野でもあります。
不妊症専門外来を受診すると、沢山の専門用語が出てきますが、不妊症に関して基礎知識があるとその理解がぐっと楽になります。
沢山の知識を身につけていただきたいと思います。

まずは総論的な内容から・・・。

不妊症とは・・・

妊娠を望んで性交渉を2年以上行っても妊娠に恵まれない場合を不妊症といいます。避妊しなければ90パーセントの方が2年以内に妊娠するというデータがあり、残りの10パーセントの方が不妊症ということになります。アメリカの場合はこの期間が1年間という定義です。結婚年齢の高齢化が進んできている昨今は、日本でも1年間をもって定義した方が実情にあっているともいわれています。

これまで一度も妊娠のしたことのない方を原発性不妊症、妊娠を一度でもしたことのある方を続発性不妊症と呼びます。女性は30歳を越えると妊孕性(妊娠する能力)が低下してくるといわれています。また、高年齢となってくると妊娠したとしても流産の率も増えてきますが、これは加齢とともに胎児の染色体異常の頻度が増加するためと考えられています。


スポンサーリンク


男性が高齢の場合はどうでしょうか?
卵子と精子の構造的な違いから、男性の場合は加齢の影響をうけても軽度です。90歳でも児をえたという話もあります。

妊娠成立に大切な条件は沢山ありますが、精子と卵子が出会うタイミングはとても大切ですね。精子の寿命が、女性の体内では一般的に長くて2〜3日といわれています。卵子の場合はもっと短く15時間以内くらいともいわれます。実質的に妊娠可能なタイミングとしては排卵前2日から排卵後1日くらいまでとチャンスはそう多くありません。排卵後は頸管粘液が急速に減少するので排卵前がタイミングとして最適となります。

基礎体温表をつけて、タイミングを合わせて数ヶ月、夫婦生活を営んでみて、挙児希望があり妊娠成立しない場合には、産婦人科へ相談することになるかと思います。

不妊症治療の流れです。

1産婦人科受診
2問診、診察、各種検査(超音波検査、子宮卵管造影検査、ホルモン)(1〜2ヶ月くらい)
3基礎体温表指導(数ヶ月)
4性交指導などのを含めた一般不妊治療(数ヶ月〜数年)
5難治性不妊の場合は高度生殖医療(体外受精など)


検査や治療がどのように進むかは、患者さんの背景や年齢により違いが出てきます。

次のページでは「妊娠に必要な条件」について説明します。


スポンサーリンク