生理とは

生理とは

「生理痛」「生理がこない」「生理が上がった」などで使われている生理。
一般的に使われる「生理」とは「生理的出血」の意味で医学的には「月経」といいます。
英語でMenstruationといい、メンスと使われることもあります。
以前学校で習ったとはいっても女性自身も正確なことを知らない方も多いようです。

生理とは「毎月ある子宮からの正常な出血」のことです。
一般的には5日〜7日間続きます。
女性の方はご存じと思いますが、7日間全く同じように出血するのではなく、2日目をピークとしてその後徐々に少なくなっていくことが多いですね。

生理の始まった日から次の生理の始まった日までの周期のことを生理周期(月経周期)と呼んでます。 生理の終わった日から次の生理までを数える方もいますがこれは間違いです。 例えば4月1日から生理が始まり次の生理が4月29日から始まれば生理周期は「28日」といいます。 「30日周期」「25日周期」など個人差もあります。 数日以内のずれは基本的には「生理が順調」と表現します。 基本的には排卵があって、妊娠が成立しなかった場合に生理が起こります。

妊娠の準備として卵巣から卵子が飛び出すことを排卵といいます。 排卵した卵子と精子が卵管で出会って受精が起こります。 受精卵が子宮へ移動してきて子宮の中で落ち着くと(着床)妊娠成立となります。



スポンサーリンク

子宮の内側には「子宮内膜」という薄い膜があって、薄い状態だとうまく着床できないので、受精卵を迎えるために厚くなってゆきます。 受精から約1週間くらいで受精卵が子宮へ移動してきて着床すると、妊娠成立となりその後は受精卵がどんどん大きくなり胎児が発生し始めます。 妊娠すると生理がこなくなるのは、「妊娠したから生理を起こさなくて良い」というホルモン的な命令が発せられるからなんです。

しかし、性交渉がなかった、性交渉があっても受精に至らなかった、受精したけど受精卵が着床せずに流れてしまった等の場合には排卵から約2週間後に厚くなった子宮内膜をいったん捨てて、次の排卵、着床へ向けていちからやり直すことになります。 厚くなった子宮内膜を子宮の外へ捨てる時に出血が伴います。
このことが「生理」という現象になります。

    ◇    ◇    ◇

生理周期が28日の場合も30日の場合も排卵から生理が開始するまでの日数は約14日で一定です。
つまり生理が始まった日から逆算して14日前に排卵が起こっていたと言えます。
「28日周期」の女性(Aさん)と「30日周期」(Bさん)の女性がいるとします。 この2人の違いは「BさんがAさんより二日遅く排卵する」ということです。 2日くらいの違いならそう変わりませんが、35日周期の女性の場合は28日周期の女性より排卵が7日遅く起こることになり、妊娠するための性交渉のタイミングが変わってくるわけです。





スポンサーリンク