女性ホルモン製剤

女性ホルモン製剤

我々産婦人科医は様々な女性ホルモン剤を治療に使用します。
通常のピルや緊急避妊用ピル、更年期障害で使用するホルモン剤、月経調整に使用するホルモン剤などですね。 ホルモン剤は女性の治療のみならずQOLの改善にも恩恵をもたらしてくれますが、まれな副作用として血栓症と呼ばれるものがあります。 ここでは女性ホルモン剤の種類や使い方、血栓症のことなどを解説します。

女性ホルモン製剤は大きく以下の3つに分けられます。
卵胞ホルモンが含まれる製剤(エストロゲン系)
黄体ホルモンが含まれる製剤(プロゲステロン系)
卵胞ホルモン-黄体ホルモンの両方が含まれる合剤(E-P合剤)です。
E-P合剤は含まれるエストロゲンの量が多い中用量~高用量のものと、量が少ない低用量のものがあります。 低用量のものをLEP(low dose estrogen progestin)とよばれますが、 E-P合剤はピルとしても使用され、低用量OC(oral contraceptive)とも言われます。





スポンサーリンク