体外受精の現状(統計的なお話) 1/2

ここでは、2007年時点での体外受精の現状などについて解説します。

IVF-ETとICSIについて

一般的なIVF-ETにおいて受精は自然任せですが、ICSIは人工的に卵子の細胞質内に精子を注入することで授精を促します。厳密にはICSIはIVF-ETに含まれる技術ですが便宜上一般的な体外受精をIVF-ETと表現し、顕微授精をICSIと標記します。
IVF-ETとICSIは受精の段階が根本的に違いますが、そこだけの違いなので患者さん側が受ける診察や排卵誘発剤投与、胚移植などの処置に違いはありません。説明もなくICSIが行われることは絶対にありませんが、もし患者さんに何も告げないで胚移植を行ったと仮定すると、一般的なIVF-ETなのかICSIなのかは患者さんは区別がつかないものです。

順番としてはIVF-ETを行い、受精障害などがあればICSIに移行して行きますが、精液検査で受精可能な精子の絶対的な不足(総数や奇形率や運動率)があれば最初からICSIを行う必要があります。

日本におけるARTの統計とは?

毎年、日本産科婦人科学会が全国のARTを行っている施設から情報を集めて統計を出しています。
まとめる時間がかかるので大体2年くらい前のデータになりますが、全国平均と考えられるとても貴重なデータです。

このデータではARTを
1.新鮮胚を用いたIVF-ET
2.新鮮胚を用いたICSI
3.凍結融解胚移植
の3つに分けて集計してあります。

最新のデータである平成15年1月1日〜12月31日までの報告をご紹介します(全国でARTを行える施設は590あります。この数は急速に増えてきています)

スポンサーリンク


ARTによる治療がどのくらい行われているの?

一年間にARTによる治療が行われた周期(1人で複数回受けているので何周期という表現を使います)

新鮮胚を用いたIVF-ETが38575周期
新鮮胚を用いたICSIが38871周期
凍結融解胚移植が24459周期

合計101905周期となります。
年間十万周期以上の治療が行われています。
なんと、この年からICSIがIVF-ETを抜いてしまいました!
いかにICSIが増えてきたかをあらわすデータです。

どのくらいの赤ちゃんが誕生しているの?

ARTによる年間出生児数は17400人、統計を取り始めて累計出生数が117589人にもなりました。
年間120万人くらい出生しているので全出生の1%を越えてきています。





スポンサーリンク