子宮体がんの手術療法

子宮体がんの手術療法

子宮体癌治療の第一選択は手術療法となります。

子宮全摘術+両側付属器切除術
+骨盤や後腹膜リンパ節の郭清もしくは生検
+腹水細胞診検査が標準的な術式


になります。

子宮全摘術の方法はいくつかありますが、より進行していると考えられるときは通常の単純子宮全摘術よりも大きく周辺の組織も含めて子宮全摘術が行われます(これを広汎子宮全摘術といいます)。

両側付属器切除術は子宮の付属器である卵管、卵巣を切除する術式です。 両方の卵巣を切除するので、閉経前の場合は術後に女性ホルモンの欠落症状が出現します。

リンパ節郭清は子宮周囲の関所であるリンパ節を切除することです。 リンパ節は関所のような役目があり癌が早期に転移しやすい場所なので、一般的な癌の手術の時は同時に行われます。

子宮体癌の広がりを評価する重要な検査です。





スポンサーリンク