子宮頚がんの放射線療法

子宮頚癌の放射線療法

放射線治療とは

エックス線やガンマ線といった電磁波を患部に照射して治療するものです。
活発に増殖している癌細胞の増殖能力を低下させて、癌細胞を死滅させるのがその原理です。 子宮頚癌に限らず沢山の癌治療に利用されています。

放射線治療は単独で行われることもあれば、相乗効果を期待して抗ガン剤と併用したりすることもあります。 また、術前に放射線治療を行い腫瘍を縮小させて手術を行ったり、術後に追加治療として放射線治療を行うこともあります。

根治治療以外でも、首のあたりのリンパ節に癌が転移して、急速に増大したことで起こる圧迫症状を改善させるために緊急的に放射線治療することや、骨転移や末期状態に癌性疼痛の緩和目的で放射線治療を行うこともあります。

子宮頚癌の放射線治療

子宮頚癌の放射線治療は日本では進行した癌に使用されることが多いのですが、最近では積極的に放射線治療を行う施設も増えてきました。 手術療法に匹敵する治療成績が得られていますので欧米では早い段階から放射線治療が行われています。

おもに、III期やIV期癌、手術に耐えられない高齢者、高度の肥満者、重篤な合併症患者、手術に対して同意が得られない患者などが放射線治療の積極的な適応となります。

子宮頚部の放射線治療は「外部照射」と「腔内照射」が併用されるのが一般的です。 外部照射はおもに骨盤リンパ節の転移巣をターゲットとして、骨盤全体が放射線の照射範囲となります。 放射線治療は周囲の正常組織(膀胱や直腸)にも影響を与えるのでできるだけ正常組織には照射したくないものです。 そこで、腔内照射という子宮頚癌独特の方法があります。 膣内に放射線が発生する小型の装置を挿入し、子宮頸部の癌組織のすぐそばから放射線を照射することになります。

放射線治療は一回で終わるのではありません。
一回で癌細胞が死滅する量の放射線を当てると、正常の組織も死滅してしまいます。 そのため癌細胞が死滅する必要な放射線の量を分割して照射してゆきます。 毎日15分くらいの治療を週5回(土日は休息)、それを5週間ほど行います(合計25回ほど)。

非常に進行して原形をとどめていない子宮頚癌でも、放射線治療で形態的にほぼ正常の子宮頚部が見えてくることは良くあります。





スポンサーリンク