子宮頸がんとは

子宮頚癌とは

子宮がんには子宮頚癌子宮体癌が含まれます。
子宮頚部に発生する上皮性悪性腫瘍を子宮頚癌といいます。
他の癌と同じように、いくつか種類がありますが、ほとんどは扁平上皮癌と呼ばれるタイプです。


性生活の違いにより子宮頚癌の発生頻度に差があることはずいぶん昔から知られていました。 また、子宮頚部は専用の器具を使用すると簡単に直視下に観察することができる臓器です。 そのため正常から前癌状態を経て、子宮頚癌が発生する過程(自然史)がよく研究されています。 いまでは、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」という感染微生物が子宮頚癌の発生に大きく関与していることもわかっています。

HPVは疣(イボ)を形成するウイルスで、沢山の亜型があります。 そのタイプにより尖圭コンジローマを発生させるものから、癌を発生させるものまであります。 HPVの亜型がわかることでその後の癌化の可能性などがある程度予測できます。 そうなるとより適切な管理・治療のプランが立てやすくなります。

子宮頚癌(扁平上皮癌)は一般的にゆっくりと進む癌です。
正常細胞が数日後にはいきなり癌になっているというわけではありません。 前癌状態といって癌以前の状態を経由して少しずつ癌という病気に変化してゆきます。 しかし、厄介なことに前癌状態では出血や痛みなどの自覚症状はほとんどありません。 このことが、とても重要なことです!

そこでがん検診の登場です。
「症状がないから病気がない」のではありません。
繰り返しになりますが、症状がないうちに発見することが大切なんです。 前癌状態の段階で発見して、適切に管理、治療してゆけばほぼ完全に治癒することが可能です。 早い段階であれば子宮全部を摘出せずに、子宮頚部の一部を切除するだけで管理することもできます。 子宮を温存することができれば、妊孕性も保てます(妊娠・出産できるということ)。

早い段階とはどの位の段階なのか?
「子宮頚部上皮内癌(0期癌)」あたりまでです。
「子宮頚癌」と診断されると、一般的には子宮を温存することが難しくなりますので。 がん検診という考え方が広まり、早期発見・早期治療で子宮頚癌の死亡率は低下してきました。 しかし、日本ではがん検診の受診率が非常に低いのが現状です。 正しい知識を身につけて、是非がん検診を受けていただきたいと思います。





スポンサーリンク